NEWS

お知らせ

2021.09.09

NEWS

ベッドマットレスのお手入れ

ベッドマットレスはお布団と同様に毎日使うものです。
あまり動かす事の無いものなので湿気がたまってカビが生えたり、ダニの温床になっています。

~ご家庭で簡単にできるマットレスのお手入れ~

①布団をたたんで湿気を発散させる

わたしたちは寝ている間にコップ一杯程度の汗をかいています。
そのため、朝起きたら掛布団をたたんで、マットレスを出来るだけ空気に触れるようにして湿気を飛ばしてあげましょう。
これは簡単に出来ますね。

②ベッドシーツやベッドパッドを洗濯する

シーツやパッドにもホコリやチリがたまって、ダニが発生します。
週に1、2回を目安に洗濯することで、清潔に、衛生的に保たれます。
少し面倒だけど、ルーティーン化してみましょう。

③掃除機をかける

シーツやベッドパッドを洗濯するときに、掃除機をかけてホコリやダニの死骸を吸い取りましょう。
キルティングの縫い目部分はゴミがたまりやすいので念入りにしてください。
シーツを洗濯している間に出来ますね。

④マットレスを干す

マットレスの裏面は湿気がたまりやすいので、壁に立てかけて風通しをよくしましょう。
重たくて立てかけれないときは、ベッドフレームとの間に隙間を作り、空気に触れさせるだけでも湿気を発散できます。
扇風機を使うのもいいでしょう。
この作業は結構大変ですね。気合を入れて頑張りましょう。

⑤マットレスの向きを変える

定期的にマットレスの向き(上下、表裏)を変えることで、同じところに湿気やホコリなどがたまるのを防ぐことが出来ます。
また、ずっと同じ面で寝ていると、体重が同じ個所に集中してしまい、マットレスのヘタリの原因となってしまいます。
向きを変えることでマットレス自体のヘタリを防ぐことが出来ます。
マットレスを干すときに向きを変えてみましょう。

普段のお手入れで一定の効果はありますが、マットレスの芯にある湿気やダニの退治は十分に出来ません。
家庭用の乾燥機を使っても片面ずつの熱処理となり、ダニは熱が当たっていない部分に逃げてしまいます。

また、マットレスの種類にもよりますが、布団のように丸洗いクリーニングは出来ないことが多いです。
ウレタンや高反発ファイバー※1、ボンネルコイル、ポケットコイルは丸洗いクリーニングが難しいです。
いろいろな理由はありますが、一例として、ウレタンや高反発ファイバーは高温になると変形しやすいので、
丸洗い後の乾燥で、熱風が使えないので中心まで乾燥させることが難しくなります。
ボンネルコイルやポケットコイルは洗うと、スプリングのサビや中の汚れが浮き上がってきてシミになり、余計に汚れてしまう可能性があります。
※1 高反発ファイバーは自宅で洗える商品もあります。

では、どうすれば、マットレスの芯までお手入れが出来るの?

当社では、90℃以上の高温熱風による乾燥消毒が出来る乾燥機で作業します。
これは家庭用乾燥機と全く違います。

マットレスがすっぽり入る乾燥庫を90~100℃まで温度を上げ、マットレス全体を高温で覆います。
そのため50℃を超えると死滅するカビもダニもイチコロです。
1時間ほどこの乾燥機に入れておけばマットレスの中心まで高温になりメンテナンス完了です。

ウレタンや高反発ファイバーのマットレスはお客様の了承の上、温度を調整して作業します。

マットレスの種類 一般的な丸洗いクリーニング 当社の乾燥メンテナンス
ボンネルコイル ×
ポケットコイル ×
ウレタン × △ ※2
高反発ファイバー △ ※1 △ ※2

※1 自宅で洗える商品もあります。
※2 耐熱温度が低いので温度調節すれば乾燥可能な商品もあります。

商品価格
サイズ シングル セミダブル/ダブル
基本料金 8,800円(税込) 11,000円(税込)
銀イオン抗菌コート +1,100円(税込) +1,100円(税込)
配送料
基本エリア 料金
大阪市内 吹田市 豊中市 2,200円(税込)
箕面市 尼崎市 池田市 守口市
摂津市 伊丹市 宝塚市 川西市
門真市 茨木市
3,300円(税込)
基本エリア以外 別途お見積り
配送時間指定 料金
9-12時 ・ 12-15時 ・ 15-17時 追加料金なし
17-19時 +1,100円(税込)

マットレスと一緒に布団なども乾燥消毒出来ますので、ご希望の場合はお問い合わせください。